ネイリストに向いている人はどんな人?

スポンサード リンク


いちばんはネイルアートが好きかどうか

ネイリスト,資格,適性,接客

 

ネイリストに向いている人と言うのは、当たり前かもしれませんが、 まずは「ネイルアートが好き」と言うことが基本です。「ネイルは嫌いだけど、どうしてもネイリストにならないといけない」という人はいないでしょう。

 

もちろん「好き」と言うだけでプロになれるものではありませんが、とにかく「好き」じゃなければできない仕事だと言えます。

 

よく、「ネイリストは手先が器用な人が向いている」と言われます。 小さな爪にアートをする仕事なので、確かに手先が器用な方が向いていると言うのは理解できるかもしれません。

 

しかし、これは練習を積み重ねて経験を積めば、誰でも解決できることであって、生まれつき 不器用だからと言って向いていないということはないのです。

 

どれだけ努力ができるかというのは、本当にネイルが好きかどうかで決まります。

 

ですから、まずはネイルアートに関することが本当に好きというのが、向いている人ということになるのです。

 

接客業なので人と接することが得意かどうか

 

次に大事なのは、人と接することが好きかどうかです。
ネイリストの仕事のほとんどは、お客様を相手にしながらネイルケアをしたりネイルアートを施したりします。

 

つまり、1対1で向き合いながら作業行うので、人と接することが嫌いだったり苦手な人は適性の面で不安が残るでしょう。

 

お客様と楽しく過ごす時間のために、おしゃべりが上手ならさらに向いていると言えますが、とにかく人と接することを楽しめる人が求められます。

 

また、ネイルアートというのはファッションの一部であり、洋服やメイクと同じで流行というものがあります。流行は一瞬で過ぎ去っていく場合も珍しくないので、常に最新の情報を手に入れるためにアンテナを張っておかなければなりません。

 

新鮮な情報を手に入れておかないと、お客様との会話でもうまく話が合わない場面が出てきてしまいます。

 

ですから、ネイリストになったからと言って、持っている技術を向上させようとする努力ができない人は向いていません。

 

 
スポンサードリンク