[級別] JNA ジェルネイル技能検定試験の試験科目・出題範囲

スポンサード リンク


JNA ジェルネイル技能検定試験の試験情報

JNAジェルネイル技能検定試験,試験概要,日本ネイリスト協会,受験資格

 

初級 ネイルケアベーシックのマスターと、ジェルネイルを施術するために

必要な基礎知識と技術の修得が要求されます。

 

入門となる初級は、ジェルネイルに関する基本的な技能及び知識が問われます。

 

義務教育を修了している方であればどなたでも受験できるので、自分の力がどこまで通用するのかを確かめるためにおすすめです。

 

受験資格 受験時に義務教育を修了している方であれば、どなたでも受験可能
実技試験

■事前審査(10分)
・テーブルセッティング(消毒管理、ジェルネイル用品、ライトの電源確認)、モデルの爪の状態
・指定商品申請用紙確認・提出
■第1課題(35分)
・両手10本:ネイルケア(手指消毒、ポリッシュオフ、ファイリング、キューティクルクリーン)
■第2課題(60分)
・左手5本:ポリッシュカラーリング(赤)
・右手5本:ジェルカラーリング(赤)
・右手中指:ジェルアート(ピーコックを施す)

筆記試験

■所要時間(30分)
出題形式 択一問題・マークシート
出題内容 ネイルに関する基礎知識:衛生と消毒、爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)、ネイルケア・ジェルネイルの手順 等
・ジェルネイルに関する基礎知識 等

開催数 年2回 (例年6月と12月に開催)
開催場所 全国の主要都市で開催

 

中級 ネイルケアとジェルネイルを施術するために、

プロとしてサロンワークに必要な専門知識と技術の修得が要求されます。

 

プロとしてのレベルが求められるのが中級です。2013年に新設された難易度です。
中級合格を目標にして、技術習得の証を手に入れておきたいですね。

 

受験資格 JNA ジェルネイル技能検定試験の初級取得者のみ
実技試験

■事前審査(10分)
・テーブルセッティング(消毒管理、ジェルネイル用品、ライトの電源確認)、モデルの爪の状態
・指定商品申請用紙確認・提出
■第1課題(30分)
・左手5本:ネイルケア・カラーリング(手指消毒、ファイリング、キューティクルクリーン、カラーリング)
■第2課題(85分)
・左手5本:ポリッシュオフ、ジェル・フレンチカラーリング
・右手5本:ジェルオフ、ジェル・グラデーション4本(中指以外)、ジェルイクステンション1本(中指)

筆記試験

■所要時間(30分)
出題形式 択一問題・マークシート
出題内容 ネイルに関する基礎知識:衛生と消毒、爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)、ネイルケア・ジェルネイルの手順、その他実践的施術全般、プロフェッショナリズム 等
・ジェルネイルに関する基礎知識・理論 等

開催数 年2回 (例年6月と12月に開催)
開催場所 全国の主要都市で開催

 

上級 ジェルネイルのスペシャリストとして必要とされる、

総合的な知識と技術の修得が要求されます。

 

最難関の上級は、ジェルネイルの技術を極めようとする人にぜひ受けていただきたい試験です。
筆記試験はありませんので、実技のみに集中して対策を立てていきましょう。

 

受験資格 JNA ジェルネイル技能検定試験の中級取得者のみ
実技試験

■事前審査(10分)
・テーブルセッティング(消毒管理、ジェルネイル用品、ライトの電源確認)、モデルの爪の状態
・指定商品申請用紙確認・提出
■実技試験(85分)
・指定された5本の指にイクステンションを施す
・右手人差指 ジェルクリアスカルプチュア
・右手中指  ジェルクリアスカルプチュア
・右手薬指  ジェルチップオーバーレイ+デザイン(テーマ:フラワー)
・左手中指  ジェルチップオーバーレイ
・左手薬指  ジェルチップオーバーレイ+フレンチルック

筆記試験

なし

開催数 年2回 (例年6月と12月に開催)
開催場所 全国の主要都市で開催

 

JNA認定校の在校生が自校で受験できる「自校開催制度」が設けられています。詳細については、JNA認定校を参照ください。

 

 
スポンサードリンク