ネイリスト技能検定試験

スポンサード リンク


ネイリストの登竜門となる検定試験

ネイリスト技能検定試験,試験概要,受験資格

ネイリスト技能検定試験というのは、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が主催する検定試験です。

 

国際的に通用するネイリストの育成を目指し、正しい技術と知識の向上を目的としています。
まさにネイリストの登竜門ともいうべき権威がある試験です。

 

試験は、3級・2級・1級とわかれており、それぞれに受験資格や受験料が異なります。

 

まず、義務教育さえ修了していれば、何歳でもどんな人でも受験をすることができるのが3級です。 3級では、ネイルケアに関する基本的な知識と技術が求められます。難易度もそれほど高いものではなく、基礎をマスターしていれば合格はみえてくるでしょう。

 

しかし、2級・1級ともなると、プロフェッショナルレベル、つまりお客様に技術を提供して、料金をいただくに値するレベルが求められます。そのため、この試験の2級に合格していることを採用の条件としているネイルサロンも多いようです。

 

2級の受験資格は、ネイリスト技能検定試験3級を取得していること、というのが条件です。

 

2級で持ち合わせていなければいけない技術は、ネイルサロンなど実際の現場で通用するネイルケアやネイルアートです。リペアはもちろん、スカルプネイルやジェルネイルをオフする技術など、一通りのことができなくてはいけません。

 

そして、最難関の1級の受験資格は、ネイリスト技能検定試験2級を取得していることが条件となります。レベルとしては、ネイルのトータル的な技術と知識をすべて習得していることが必要となる難しい検定です。

 

各級ともに、実技試験と筆記試験があるので、基本的にはきちんとした勉強をしておかなくてはいけません。 もし、不合格だったとしても、筆記試験が合格していれば、次回の試験では筆記試験が免除となります。

 

詳しい日程や会場は、日本ネイリスト検定試験センターのホームページで確認することができます。

 

■お問い合せ先  公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター
TEL:03-3519-6830 FAX:03-3519-6835
http://www.nail-kentei.or.jp/

 

 
スポンサードリンク