ネイリストは独学だけでは厳しい?

スポンサード リンク


独学だけでプロの技術を身につけるのは難しい

ネイリスト,勉強方法,独学,効率

 

ネイリストになる方法のひとつとして、独学で勉強するという方法があります。

 

ネイリスト検定の受験資格においても、ネイルスクールを卒業しなければいけないという規定はありません。 ですから、独学で勉強をしてネイリスト検定に合格することができれば、資格取得にかかる費用をかなり抑えられます。

 

確かに、ネイルに関する基本的なことというのは、独学でも十分学ぶことができるでしょう。理論や化粧品学などを学べば、ネイリスト検定の筆記試験なら合格することも不可能ではないと思います。

 

その一方で、実技試験の部分になると、独学で合格することやプロとして通用する技術を身につけるのは難しいのではないでしょうか。

 

確かな技術というのは実践で身に付けていくものですが、独学では間違った部分が分かりません。自分だけでは、途中で指摘してくれる人がいません。

 

独学では、何が正解なのか、どこが間違っているのか、というのが見つけづらいのが大きな弱点といえます。

 

本気の人はスクールや通信講座を受けている

 

そして、独学で最も難しいと言われるのが、ネイリストになるまでのスケジューリングです。 「いつでも好きなときに勉強できる」というのは、一見メリットのように見えます。

 

通信講座のように、その段階に合わせたテキストや課題をもらえるなら、自宅で勉強できるのはメリットとなるでしょう。

 

しかし、独学で効率よく的確な勉強をするためのスケジュールを組むのは、かなり大変なことです。自己管理能力が備わっていないと、三日坊主ではありませんが、途中で放り投げてしまうようになります。

 

自分に自信があるのであれば、勉強が続けられるかを試すために独学から入るのはいいことかもしれません。

 

でも、最初から最も効率よく勉強できて、何が何でも本気でネイリストになりたいと思うなら、やはりネイルスクールや通信講座で学ぶのが正解といえるでしょう。

 

 
スポンサードリンク