ネイリストになるにはどれが近道?

スポンサード リンク


ネイリストの知識や技術を身につける方法

ネイリスト,資格,通信講座,試験対策

 

ネイリスト養成スクールに通う

 

ネイリストになる方法として効率がいいのは、やはりネイリスト養成スクールに通うことでしょう。有名なネイリストが主催していたり、学院長を勤めている養成学校がたくさんあります。

 

自分の目で講師の技術を見て学べ、自分の技術も見てもらって指導を受けられるのは、最大のメリットといえるでしょう。

 

試験や新商品に関する情報もすぐに得ることができますし、卒業の際は就職のアドバイスももらうことができます。技術を修得しても、最終的に働くことができないといけませんから、就職サポートが受けられるのはうれしいですね。

 

ただし、すでに仕事をしている方や、他に学校に通っている場合には時間の拘束があるので、ネイルスクールに通うのはなかなか難しいかもしれません。この場合は別の方法を検討する必要があります。

 

通信講座を受講する

 

ネイルスクールに通えない方でも続けやすいのが、ネイリストを養成する通信講座です。

 

ネイルの基礎技術を学ぶ講座、ジェルネイルの技術を学ぶ講座、各種検定試験の合格を目指す講座など、さまざま用意されています。

 

通信講座といっても、その内容のクォリティーはとても高く、講座によってはネイリスト技能検定1級を目指せる内容のものもあります。

 

プロの技術をDVDの動画で見ることができたり、講師による添削指導も行われているので、自分の実力がコース内容に追いついているかどうかもしっかり確認することができます。

 

自分が通える地域にネイルスクールがない、通学する時間の余裕がないという方は、自宅でいつでも学べる通信講座がベストです。

 

独学でがんばる

 

独学やネイリストの先輩から学ぶという方法もあります。最近のネイルキットというのは、自宅用でもプロ仕様のものがあるので、独学でもネイリストを目指すことができます。

 

さらに、ネイリストとして働いている先輩が身近にいれば、自分の実力がどの程度のものかを確認してもらうことも可能でしょう。分からないことや必要なことも教えてもらえるので、こういった地道な方法でネイリストを目指す方もいます。

 

ただし、技術を独学で磨くというのは、現実にはかなりハードルが高いです。優秀な教材は取り寄せればいいのですが、自分のモチベーションの維持も重要になってくるので、自己管理能力がなければ続いていきません。

 

働きながら学ぶ方法も

 

最後に、実際にネイルサロンで働きながら技術を学ぶという選択もあります。お給料をもらいながら知識や技術を修得できるので、一石二鳥というわけです。

 

ただ、まったくの未経験者がサロンに就職できるかといえば、それは難しいところでしょう。知人の紹介を頼ったりしないと、まったくの新人がいきなり採用されることはなかなかありません。

 

ネイリスト技能検定やジェルネイル検定を受けて、見習いとして雑用をこなしながら、営業時間外に練習したり勉強することは覚悟しておきましょう。

 

 
スポンサードリンク