ネイルスクールに通う

スポンサード リンク


学ぶ近道はネイルスクール

ネイリスト,ネイルスクール,資格取得,費用

 

ネイリストになるには、特に必要な資格もありませんし、ネイルスクールを卒業していなければいけないということもありません。ある意味、プロのネイリストと同じだけの知識と実力があれば、誰でもネイリストになることは可能です。

 

しかしながら、お客様からしてみると、ネイリストは資格の有無に限らず、すべての人がプロだと思っています。中には、「ネイルスクールを卒業していることが当然」と思っている方も少なくありません。

 

ネイリストとお客様は信頼関係がとても大切ですが、それも「資格を持っている」「学校を卒業している」ということが土台となっています。

 

ではどのようにして知識や技術を身につけるのかといえば、ネイルスクールに通うことが一番の近道です。独学でやってるだけでは、必要な知識が抜け落ちていたり、ネイルアートでもできるものとできないものがあるなんてことになりかねません。

 

確かに今は、プロ仕様のキットが自由に購入できるので、できる限り費用をかけずにネイリストを目指そうとする方もいるでしょう。 でも、多少費用がかかったとしても、ネイリストを目指すならネイルスクールに通った方が、より早くプロとして活躍できます。

 

ネイルスクール選びのポイント

 

いまはネイルスクールもたくさんあります。もちろんどこでもいいというわけではなく、まとまったお金や時間が必要になるので、無駄にしないためにもしっかりと情報収集することから始めましょう。

 

自分のなかの判断基準はどのようになっているでしょうか。

  • 無理なく通学できる場所かどうか
  • 学びたい技術を教えてくれるカリキュラムがあるかどうか
  • 検定試験対策は万全なのか

など、条件を満たしているスクールを探していきましょう。

 

ある程度情報を集めることができたら、次は比較検討に入ります。

ここで失敗を最小限にするためには、自らが足を運んで実際に目で確かめてみることです。

スクールによっては体験入学ができるところもあります。雰囲気を肌で感じとると、続けていけることができそうかわかってくるでしょう。授業の見学では、どのような講師が技術指導しているのかも知ることができます。

 

必ずスクール見学をする

 

情報だけはネイルスクールのホームページを見れば入ってきますが、掲載されている写真だけを見て、「なんとなく良さそう」という理由で入学を決めることのないようにしましょう。

 

多少面倒でも、実際にスクールまで足を運んで見学に行き、雰囲気や環境、勉強している学生の姿を自分の目で確かめましょう。

 

カリキュラムの確認

 

ネイルスクールによって組まれているカリキュラムは異なります。たとえば「3ヶ月コース」「6ヶ月コース」などの表記がありますが、何時間の授業を何回受けることになるのかを確認しましょう。

 

「最短◯ヶ月で卒業可能」と書かれていても、ぎゅうぎゅうに授業を詰め込まれたのでは続いていきません。

 

とくに働きながらスクールに通うことを考えている人は、通える時間内で目標とする技術が修得できるのかチェックしましょう。

 

実際のネイル講師の技術指導を見てみる

 

ホームページや入学案内の書類に載っている人に指導してもらえると思っていたのに、実際の講師はネイリストとしてのキャリアがない人だった・・・という事例もあります。

 

ここまでひどい例はそうそうありませんが、技術指導の講師が誰なのかを確認しておけば防ぐことができます。高い技術を修得するのであれば、やはり質の高い講師の指導は欠かせません。

 

就職サポートが受けられるかどうか

 

ネイルスクールを卒業して、いよいよネイリストとして歩み始めようとするとき、就職までしっかりサポートしてくれるかというのは重要です。

 

「卒業したらあとはどうなっても知らんぷり」というスクールより、就職まで相談にのってくれるところを選ぶほうがいいですよね。

 

スクールの卒業生がどのような就職先なのかを具体的に教えてもらうことができれば参考になります。

 

わからないことは入学前に解決しておく

 

どのような学校に入るにしても、前もって疑問があるところは解決しておくのが大切です。

 

たとえば、授業料以外に教材費はどれくらいかかるのか、通える時間帯に授業があるのか、指導してもらいたい講師は実際に授業を担当しているのか、などです。

 

入学してからやっぱり辞めたいと後悔することがないように、電話で問い合わせて質問しておきましょう。

 

 
スポンサードリンク