独立開業・フリーランスネイリストとして働く

スポンサード リンク


一国一城の主になれる?

ネイリスト,自宅開業,独立開業,高収入

 

ネイリストとして働きたいと思っていても、主婦や子育て中だったり、何らかの事情でネイルサロンで働けない方は、独立開業を目指す方もいるでしょう。また、ネイルサロンなどで働いていたとしても、いつかは一国一城の主として独立開業したいという方も少なくありません。

 

もともと、ネイリストというのは、特に資格の取得が必須というものではないのです。
ですから、極端に言ってしまうと、誰だってネイルサロンを開業することは可能なんですね。

 

もちろん、「経営していく」という視点からすれば、いい加減な技術や知識ではずっと運営していくことはできません。ですから、独立開業して成功するには、ネイルサロンでの実務経験などが必要となります。

 

何年かサロンワークでお客様と向き合い、施術をすることで技術が磨かれていきます。接客業としてのコミュニケーションスキルも身についてくるでしょう。

 

ネイル検定1級など、実力を証明する資格を用意してスキルアップへ

 

なお、最近では素人の方でもプロ並みのネイル技術を持っている人が増えています。
自分の爪を練習台として、プロ仕様のネイルキットを使って、実際にネイルケアやアートを行なっていれば、 確かにネイルサロンでの実務経験は必要ないと言えます。

 

でも、お客様からしてみると、実務経験もないネイリストにケアやアートを頼むのはとても不安です。 特にスカルプチュアやジェルネイルなど、多少なりとも爪に負担を与えるような施術をするとなると、やはり経験者でないと怖いという方も多いでしょう。

 

しかし、もしもネイル検定の1級などを取得していたら、それだけでお客様に信頼を得ることができます。 資格を持っているということは、きちんと知識や技術を認定されたということ。

 

経験よりも、資格を重視するお客様もいるぐらいなので、もし、自分の技術に自信があって独立開業するなら、 上級資格を取得するのは必然となります。

 

自分で開いたネイルサロンが人気店となっても、たとえトップネイリストと呼ばれるようになっても、常に技術を磨くことは忘れてはなりません。本当の達人は努力を怠らないものです。

 

フリーランスネイリストとして活躍している人は、ネイルを本当に楽しみ、裏では多くの努力をしているのです。

 

 
スポンサードリンク