ネイル指導者としての働き方

スポンサード リンク


指導者としての活躍の場も拡大

ネイリスト,就職活動,ネイル講師,認定講師資格

 

ネイリストの働き方のひとつとして、ネイル講師になるというものがあります。 ネイル講師とは、ネーミング通りネイルスクールやネイル通信講座の講師として働くネイリストのことです。

 

ネイリストを目指す人のほとんどは、人にネイルアートを施すことで美しくしたい、喜ばれたいという方が多いものです。

 

しかし、ネイリストになるというのは意外に大変なことです。 爪や美容の基礎知識から、さまざまなネイルアートの施術方法、流行りのアートなど学ばなくてはいけないことが本当に多いのです。

 

そして、自分自身がネイルスクールや通信講座で、しっかりとした指導を受けていくと、今度は自分も講師として働きたいと思うようになる方もいます。

 

自分がネイリストになるまでのすごく大変だったり、講師によって助けられたり救われた経験などがあると、 これからネイリストを目指す人の力になりたいと思う方が多いのです。

 

そういった方は、ネイリストの中でもワンランク上の知識と技術を持つ、ネイル講師を目指すケースがみられます。

 

ハイレベルな知識と技術が必要

 

指導者という立場ですから、当然ですが総合的な知識と技術が求められます。生理解剖学、爪や皮膚の知識、衛生管理、ネイル製品の内容成分についての知識が求められ、それを人にわかりやすく教える能力も必要です。

 

講師として働くためには、日本ネイリスト協会の認定講師資格を取得するのがいいでしょう。
これは国家資格ではありませんが、ネイル業界の中では有名な資格で、これを取得するだけで講師として働くことができます。

 

ただし、認定講師資格を取るまでは長い道のりが必要です。技能検定1級・上級に合格し、サロンワークで経験を積むなど、受験資格はかなり厳しいものとなっています。

 

合格も狭き門ではありますが、これから指導者としてキャリアを積んでいきたいと考えているのであれば、信用を上げるためにもぜひ取得しておきたいものです。

 

ほかにも、自らネイルスクールを開くのであれば、JNA認定校という制度もあります。詳細はJNAのホームページで確認してください。

 

ネイル指導者が活躍する教育の場

 

  • ネイルスクール・・・ネイル技術や必要な知識を専門的に指導するスクールです。自宅の一室をJNA認定校としている人も見られます。
  • 美容・理容専門学校・・・カリキュラムの一環としてネイル技術を学ぶときに、指導者として呼ばれることがあります。
  • 短期大学・・・最近では、美容に対する意識の高まりに伴い、短期大学などでネイルの授業を取り入れている学校もあります。やはり女性の方に人気があり、ネイルに関する研究論文を発表されている方もいます。
  • カルチャースクール・・・ネイルが身近になったことで、セルフでネイルアートやジェルネイルを楽しむ機会も増えてきました。ネイルに興味がある方に、知識や技術の伝授、道具の使い方の指導をします。

 

 
スポンサードリンク