ネイルサロンに勤務する

スポンサード リンク


サロンワークでキャリアを積み重ねていこう

ネイリスト,就職活動,ネイルサロン,メリット

 

ネイリストとしての働き方として、もっともポピュラーなのがネイルサロンでしょう。
どんなネイリストを目指しているにしても、実務経験を積むことができるネイルサロンでの勤務というのは、ほとんどのネイリストが通る道です。

 

ネイルケア、ネイルアート、リペア、イクステンション、フットなど、ネイルに関するすべての技術を、お客様の要望に応じて提供していくのが基本です。

 

ネイルサロンで勤務する場合、お客さまのリクエストに応えるために、正しい知識と技術を学んでおかなければなりません。そのためには、資格を持っているということは大きな武器になります。

 

そこで、ネイリスト技能検定試験に合格しておけば、たとえ実務経験が浅くても、知識と技術をきちんと持っているという証拠になるので、お客様からの信頼を得ることができます。 技術面は、練習を積んでいけばいいだけなので、スムーズに採用される場合が多いのです。

 

ネイルサロンは営業時間が長いところが多いようですが、基本的な勤務時間は普通の仕事と同じで8時間ほどです。 ただし、閉店後には新しい技術の練習を行なったり、休日にはネイリストによる講習会に参加するということが多くなります。

 

一見大変そうに思えるかもしれませんが、仲間と一緒に行うので、切磋琢磨しながら自分の技術を向上させることができます。これは、自宅で開業していたり、フリーランスや派遣で働くネイリストにはないメリットです。

 

ネイリストというのは美容師と同じで、とにかく新しい技術、流行りのスタイルを取り入れた技術を持っていなければ仕事になりません。

 

しかし、自分だけで学ぶというのは難しいですし、知識も偏ります。でも、ネイルサロンなら、新しい情報がどんどん入ってくるので、 それだけでもネイリストとして働くメリットがあります。

 

とにかく、ネイリストとして第一歩を踏み出すのであれば、まずはネイルサロンから始めるのが一番でしょう。 自分で開業するのはそのあとでも十分間に合います。

 

?

スパ・エステティックサロンでも活躍

 

トータルビューティーやリラクゼーションを提供する国内外のスパ、エステティックサロンでもネイルの技術は需要があります。

 

日本人の高い技術やおもてなしの心は評価されており、海外の高級スパで働く日本人ネイリストもどんどん登場しています。

 

ネイルサービスを提供するヘアサロンも増加

 

近年、ネイルサロンを併設するヘアサロンも増加傾向にあります。

 

ヘアサロンがネイリストを雇用するほか、ヘアサロンの一角のスペースを借りて、自分のネイルサロンをオープンさせるというケースもみられます。

 

お客様にとっては同時に施術を受けることができるので便利ですし、サロンにとっては新規顧客も獲得しやすくなり、売上なるというメリットがあります。

 

 
スポンサードリンク