ネイリストの就職先はこんなにある

スポンサード リンク


一般的なのはネイルサロンに就職

ネイリスト,就職先,ネイルサロン,独立

 

いくら、ネイリストとして働ける資格を取得したとしても、 どんな就職先があるのかということを知っておかないと、自分がなりたいネイリストにはなれません。

 

ネイリストの就職先というのは、現在ではさまざまなスタイルがあるので、自分が働きたいスタイルを調べてみましょう。

 

まず、一番ポピュラーな就職先と言えば、ネイルサロンでしょう。もともと、ネイルサロンではありとあらゆるデザインのネイルをお客様に施します。ネイルアートがしたくてネイリストになった場合には、一番理想的な職場と言えるのがネイルサロンです。

 

とにかくフリーで働きたいという方は、派遣ネイリストとして働くというのがおすすめです。 美容室やエステなどのネイリストは、派遣という形で働いている場合が多いので、いろんな場所で仕事ができます。ネイリストとしてのフィールドも広がります。

 

また、タレント専属として働きたい場合や、雑誌やメディアのネイリストとして働きたい場合も、フリーという形の方がいいでしょう。

 

自宅開業や講師として働くという選択もある

 

その他には、自宅の一室をネイルサロンとして開業することも可能です。 経験がない場合には難しいですが、ある程度ネイルサロンで経験を積んでいれば、自宅でも簡単にサロンを開けます。
顧客が付けば、出張ネイリストとして働くことも可能です。

 

もし、ネイルスクールなどの講師として働きたい場合には、JNA認定講師の資格を取得するという手もあります。 教えるという立場なので、さまざまな能力が要求される仕事です。

 

社会に貢献する福祉ネイリスト

 

ネイルサロンに来店することがむずかしいお年寄りの方に、出張サービスでネイルケア・爪磨きを行う「福祉ネイリスト」というビジネスもあります。訪問先の方々に、ネイルサービスを通じて、癒やしや元気をお届けするネイリストを指します。

 

これまでも福祉施設等に出向いて、ネイルサービスを行うネイルスクールやネイルサロンはありましたが、多くはボランティアという立場で実施していました。

 

今ではボランティアではなく、料金をいただくビジネスとしてとらえているところも登場しています。福祉施設とネイルサービスという、思いもよらないような組み合わせですが、お年寄りの方にも好評のようです。

 

いずれにしても、自分が描くネイリストを実現するためには、就職先の情報もいろいろと仕入れておくことが大切です。

 

 
スポンサードリンク