自分のネイルサロンを開くには

スポンサード リンク


自分のネイルサロンを開くには記事一覧

自分に合ったスタイルで始めるネイルサロン経営

ネイリストとしての知識や技術を修得して、サービス業・接客業としての経験も十分積むことができた・・・という人は、次に考えるのは「自分のネイルサロンを持つ」ことではないでしょうか。やはり、自分のお店をオープンしたいと考える人や、独自のスタイルで仕事を続けていきたいという夢を叶えたい人は多いようです。とはいっても、始めから大きな物件を借りて、内装をデザイナーに依頼し、用具用材も揃えるとなると、お金はいく...

続きを読む
ネイルサロンオープンまでの準備

ネイルサロンを始める前の準備は、サロンの規模や形態によって異なりますが、ここでは一般的な方法である、マンションの一室を借りた場合の流れを紹介していきます。みなさんは当然、できる限り節約してサロンをオープンしたいと考えていますが、お金をかけるべき部分と節約する部分があるので、そのメリハリをつけることがポイントになります。とくに物件探しは大変ですが、これから長く使用していくものなので、なるべく妥協しな...

続きを読む
オープンまでに準備しておきたい用具用材

ネイルサロンをオープンするための物件が決まったら、必要となる什器・備品類、用具用材を揃えていきましょう。ネイルサロンという看板を掲げて営業していく以上、すべての施術に対応できるように準備しておくのが基本です。お客様に十分満足してもらうために、必要なものは徹底的に揃えます。しかし、始めからすべての道具を揃えるのは予算的に厳しいかもしれません。その場合は、ある程度まで絞り込むのもひとつの方法です。ネイ...

続きを読む
ネイルサロンの月間売上計画を立てる

念願のネイルサロンをオープンしても、これで終わりではありません。無計画なまま行き当たりばったりな経営を続けても、すぐに行き詰まって畳んでしまうのは目に見えています。ネイルサロンを長く続けていくためには、しっかりと月間売上計画を立てていきましょう。オープンする前に事業計画書としてまとめている人も多いので、それでも大丈夫です。まず、1ヶ月の経費(家賃、水道光熱費、通信費、交通費など)に自分の希望収入を...

続きを読む
リピーターの獲得と宣伝方法

念願のネイルサロンをオープンしてもそれで終わりではありません。売上を伸ばしていくためには、ひとりでも多くのお客様に自分のネイルサロンの存在を知ってもらう必要があります。駅前などの立地条件がよい場所にあるのならともかく、わざわざ足を運んでもらわなければならない場所にあったり、自宅の一室を改装してオープンしている場合は、積極的に宣伝していかないとお客様は来てくれません。宣伝方法としてポピュラーなものは...

続きを読む
ヘアサロンと協力して良い関係を維持していこう

ネイルサロンを始めるという場合、店舗の一角を借りて営業するというスタイルが一般的です。店舗としては、スポーツクラブ、花屋、カフェなどもありますが、やはり親和性が高く人気なのがヘアサロンです。ビジネスとして成功するチャンスがもっとも高いので、なかにはヘアサロン側から積極的にネイルサロンを導入しようとするケースもあります。訪れるお客様はおしゃれや美容に関心が高い方ばかりなので、「ヘアスタイルを整えるつ...

続きを読む
ネイルサロン経営者の納税義務・確定申告

個人であっても、ネイルサロンを始めればオーナーであり個人事業主です。売上目標を達成して利益が出たら、しっかり納税する義務があります。ただ、「サロンをオープンする前は会社にすべて任せていたので、納税の仕方がわからない」という方も多いかもしれません。会社に属しているサラリーマンやOLの場合、税金は給料から天引きされて、手続きもすべて会社がやってくれるので、意識しなくても大丈夫でした。しかし、個人事業主...

続きを読む