リピーターの獲得と宣伝方法

スポンサード リンク


SNSを積極的に活用して人を集めよう

ネイルサロン,開業,宣伝,SNS

 

念願のネイルサロンをオープンしてもそれで終わりではありません。売上を伸ばしていくためには、ひとりでも多くのお客様に自分のネイルサロンの存在を知ってもらう必要があります。

 

駅前などの立地条件がよい場所にあるのならともかく、わざわざ足を運んでもらわなければならない場所にあったり、自宅の一室を改装してオープンしている場合は、積極的に宣伝していかないとお客様は来てくれません。

 

宣伝方法としてポピュラーなものは、地域情報誌やチラシへの掲載ですが、パソコン・スマートフォンを持っている人が多い現在では、ブログ(ホームページ)、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのSNSを活用していくのがおすすめです。

 

SNSでネイリスト自身をブランディングしていき、どのような世界観や技術を持っているか、どのようなコミュニケーションをとっているのか、などを発信していきましょう。

 

インターネットが発達した現在では、良い噂も悪い噂も含めて情報の伝わりがとにかく早いものです。とくに利用者の「口コミ」は無視することができない宣伝ツール。口コミでまたたく間に広がって、テレビや雑誌の取材で露出する機会が増えて、さらに人が集まるという好循環が見込めます。

 

リピーターを増やしていこう

 

また、一度来店していただいたお客様には、次も来店してもらえるようにリピーターになってもらうことも重要です。お得意様を一人でも多くつくることが長く存続していくためのコツです。

 

また来たいと思えるネイル技術はもちろん、サロンの雰囲気、ホスピタリティ(おもてなし)が問われます。来店の動機をつくるものとして、割引特典やカードを発行するのも有効です。

 

さまざまな宣伝ツール

 

チラシ 近所にポスティングしたり、人が集まりやすいカフェなどにお願いして置いてもらうと集客が見込めます。割引クーポンもいっしょに付けると来店が促されます。
地域情報誌 フリーペーパーなどは購読している年齢層が広いので、地方でも集客に結びつきやすいといえます。ネットをあまり使わない層もターゲットにできます。
ネイル専門誌・ファッション誌 若い女性はネイル専門誌やファッション誌などに積極的に目を通しているので、そこに掲載してもらうのも有効です。ただし、広告費は高くなりがちなので、費用対効果を考えて利用しましょう。
ホームページ

お店へのアクセスやメニュー内容、価格、スタッフのプロフィールなどを載せたホームページを開設しているサロンは多いものです。口コミで評判を聞いても、検索してネイルサロンが出てこなければ来店してもらえないので、ホームページは必須といえます。
ホームページが作れない方は、まずはブログを借りて簡単に用意するだけでも大丈夫です。

SNS

SNSには、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどがありますが、お客様とのコミュニケーションをとったり、口コミの力を利用するために不可欠なツールです。
ホームページの開設とあわせて、ネットを利用した集客にも力を入れましょう。

クーポン付き検索サイト スマホでネイルサロンを探す女性が多い現在、フリーのお客様を獲得するきっかけとして期待できます。

 

 
スポンサードリンク