ネイルサロンオープンまでの準備

スポンサード リンク


物件選びは慎重に

ネイルサロン,開業,経営,個人事業主

 

ネイルサロンを始める前の準備は、サロンの規模や形態によって異なりますが、ここでは一般的な方法である、マンションの一室を借りた場合の流れを紹介していきます。

 

みなさんは当然、できる限り節約してサロンをオープンしたいと考えていますが、お金をかけるべき部分と節約する部分があるので、そのメリハリをつけることがポイントになります。

 

とくに物件探しは大変ですが、これから長く使用していくものなので、なるべく妥協しないで満足できる条件の物件を選びましょう。

 

物件が決まったら賃料が発生するので、遊ばせる期間を短くしてスピーディーにオープンまで進めるのがコツです。

 

半年以上前

 

資金の準備
  • 物件を借りるための費用
  • インテリアデコレーションにかける費用
  • 什器類、用具用材の購入費
  • オープンを告知する宣伝費

などの必要な経費を割り出して、準備していきましょう。

 

開業資金はそれまでにコツコツ貯めていた分があると思いますが、もし足りない場合は補助金や助成金などを利用する方法があります。お近くのハローワークや商工会議所などで相談してみましょう。

 

コンセプト立案

 

どのようなネイルサロンにしたいのか、そのコンセプトをはっきりさせておきましょう。「事業計画書」としてまとめておくと、資金を借りるときや開業の届け出をするときに説明しやすくなります。

 

内容は、運転資金、従業員、メニュー内容、インテリアデコレーション、必要な備品など、必要な要素はすべて記載しておきます。

 

半年前

 

物件探し

 

ネイルサロンをオープンするにあたって大変なのが物件探しです。自分の理想通りの部屋が見つからないことも珍しくありませんが、だからといって夢を諦めてしまったり妥協してしまうようなことは避けたいものです。

 

見るべきポイントは、建物の造りや雰囲気、駅からの利便性、部屋の広さ、賃料などありますが、自分は何を優先したいのかを考え、最後まで粘り強く探していきましょう。ここは焦らずにじっくり時間をかけるところです。

 

1ヶ月前

 

物件決定

 

納得できる物件が見つかれば契約します。契約後は賃貸料が発生しますので、あまり無駄にしないためにもオープンまでスピーディーに進めていきます。

 

インテリアデコレーション

 

サロンの雰囲気を出すために内装について考えていきます。予算があれば、インテリアデザイナーやコーディネーターに頼むのがよいでしょう。物件によってはデザイナーに内装を委託することもできます。

 

ただし、インテリアデコレーションは費用を節約して自分でも作り上げることができます。ネイリストとしての腕の見せ所でもあり、いろいろなアイデアをめぐらせる楽しい時間でもあります。

 

用具用材・備品の調達

 

自分が提供したいネイルサービスに必要な用具用材を準備していきます。衛生管理に必要な器具も忘れずに発注します。

 

現在はネイルケアやネイルアート以外にもさまざまなサービスがありますので、イクステンション、リペア、フットケアなども提供できると理想的です。

 

3週間前

 

宣伝・告知

 

このくらいの時期から宣伝にも力を入れ始めます。どんなにいいお店を準備しようとしても、存在が知られていなければ意味がありません。

 

懇意にしている顧客やお世話になった方に告知したり、地域情報誌に広告を掲載する方法があります。人が集まるカフェやショッピングセンターなどでチラシを配るのも効果的です。(許可は必ず取りましょう)

 

1週間前

 

トレーニング

 

実際に施術テーブルや椅子、用具用材をセッティングして、友人相手に施術してみましょう。実際にやってみることで、用具用材は使いやすい場所に置いてあるか、お客様に対してスムーズにご案内できるか、というところがわかってきます。

 

2〜3日前

 

レセプション

 

レセプションとは、受付や歓迎会という意味です。必ず開くべきものではありませんが、レセプションの様子をSNSで紹介すると宣伝効果が高まります。とくに開店直後の集客にプラスになります。

 

オープンまでにはさまざまな方にお世話になるので、その方々への感謝の場として開くとよいでしょう。

 

当日

 

オープン

 

待ちに待ったオープンの日です。準備万端で迎えましょう。

 

 
スポンサードリンク