自分に合ったスタイルで始めるネイルサロン経営

スポンサード リンク


どんなスタイルでネイルサロンを始めるか考えよう

ネイルサロン,開業,経営,個人事業主

 

ネイリストとしての知識や技術を修得して、サービス業・接客業としての経験も十分積むことができた・・・という人は、次に考えるのは「自分のネイルサロンを持つ」ことではないでしょうか。

 

やはり、自分のお店をオープンしたいと考える人や、独自のスタイルで仕事を続けていきたいという夢を叶えたい人は多いようです。

 

とはいっても、始めから大きな物件を借りて、内装をデザイナーに依頼し、用具用材も揃えるとなると、お金はいくらあっても足りません。

 

「どうせかまえるなら大きなお店にしたい」と皆さん口をそろえますが、これは顧客がしっかりついてきて経営が軌道に乗ってからでも遅くありません。

 

最初は大きな投資を必要としない、自分ひとりだけでも始められるネイルサロンを経営していきましょう。主に次の3つのスタイルがあります。それぞれ長所と短所がありますので、自分に合った形態を選んでください。

 

店舗の一角を借りて始める

 

もっとも多いケースは、ヘアサロンの一角を借りて始めるという方法です。ほかの店舗としては、スポーツクラブ、花屋、車のショールーム、カフェなどのケースもみられます。

 

このとき重要になってくるのは、店舗のオーナーとの条件交渉です。長く続けていくために必要と思う条件があれば、粘り強く話し合って決めていきましょう。オーナーとの信頼関係がうまれれば、互いに相乗効果が高まる運営ができ、売上も伸びてくるでしょう。

 

メリット

  • 新規顧客が期待できる

デメリット

  • 営業時間や定休日などを合わせる必要がある
  • 条件についてオーナーとの交渉が必要になる
  • 店舗スタッフとのコミュニケーションや気遣いが必要になる

 

マンションの一室を借りて始める

 

マンションの一室を借りてスタートするケースも一般的です。物件を借りる際の費用はかかりますが、自分のイメージ通りのサロンをつくりやすいというメリットがあります。

 

家賃や管理費はできるだけ抑えて、売上計画と合わせてよく検討していきましょう。

 

メリット

  • 自分が思い描く理想を表現しやすい
  • 営業時間や定休日などはある程度自由に決めることができる

デメリット

  • 物件を賃貸する際に初期投資がかかる
  • 賃貸料や管理費が毎月発生する

 

自宅の一室から始める

 

「自宅の余ってる部屋を改装してサロンにしよう」というのはよいアイデアですが、実はもっとも高いスキルが求められるので、経営していくにはハードルがいくつもあることを覚悟しなければなりません。

 

趣味の延長でお友達にネイルアートを施す程度ならば問題ありませんが、本格的にネイルサロンとして経営を成り立たせていくには、固定客がつくレベルの技術力・接客力が求められます。

 

とくに問題になるのは集客です。テレビや雑誌の取材を受けることができれば、遠方からお客さんが来てくれることもありますが、基本的には口コミに頼る部分が多くなります。

 

ほかには、地域情報誌や地域情報サイトに広告料を支払って掲載してもらう方法などもあります。宣伝の仕方を工夫しなければ、ネイリストだけで食べていくことは難しいかもしれません。

 

メリット

  • 初期投資、賃貸料などを抑えることができる
  • 自分の自由に運営ができる

デメリット

  • フリーの客はほぼ見込めない
  • 宣伝の仕方を工夫しなければならない
  • 自宅の住所を広告媒体に掲載する場合リスクがある

 

 
スポンサードリンク